(日本語) 坐骨神経痛に効いたストレッチはこれ!妊娠後期の辛い腰痛に。

Sorry, this entry is only available in Japanese. For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language.

昨日、フローリング掃除に精を出していましたら、やってしまいました。。。

お尻の左側が猛烈に痛くて、一歩踏み出すたびに、ピキーン!!と鋭い痛みが走り、歩けない。

これ、前の妊娠出産でもやったことがありまして、本当に辛いんです。

腰の中の骨がバラバラになってるんじゃないかって思うくらい、足が前に出せなくて、一歩出したら激痛。

同じ姿勢のままの状態でいることがあると、妊娠中は特になりやすいですね、私の場合。

坐骨神経痛は、仙骨のズレの上にさらに体重をかけてしまうことで起こるようです。

なので、私はストレッチといいますか、ある動きをして、そのズレを直すようにしてみたところ、これが大正解!

何回かそれを繰り返しているうちに、すぐにちゃんと歩けるようになりました。

そのストレッチのやり方は、とっても簡単。

まず、固めの椅子に座ります。この時、必ず両方の坐骨を立てるようにしてください。

(坐骨って何!?って方のために、この骨です→坐骨とは

お尻のお肉を持ち上げて、ここの骨を椅子に垂直に突き立てるような姿勢にしてみてください。)

そして、骨盤全体を前後にローリングするだけ!

坐骨を立てた状態で、息を吐きながら骨盤を後ろにゆっくり傾斜させて戻す。これをゆっくり呼吸しながら、10回くらいを目安に繰り返します。

この動き、意識すれば立ったままでもできるのですが、ピラティスをしたことのない方には少し難しいかもしれないので、まずは座ってやってみることをお勧めします。

 

ピラティスのレッスンを受けていた頃、この動きを仰向けになって、まず最初に必ずしていました。

これは骨盤の位置を正しい位置に持ってくることが目的なので、それがずれてしまって起こる坐骨神経痛にも効くのでは?と思い、痛みの中にありながら必死で落ち着いてやってみたところ、まさに効いた!という次第です。

骨盤のずれ、恐るべし!

妊娠中でなくても、腰痛の方には効くと思うので、ぜひやってみてくださいね。

 

↓ランキングに参加しています↓クリックしてくださると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↑I am joining this ranking site. If you can click it to show your support, I would be very happy. Thank you as always!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail