Philosophy / Religion Education My thought

人間関係のトラブルを回避する、たった一つの大切なこと

更新日:

最近、男女関係のもつれに関して相談を受けることが多くありました。

そんな中で私がいつも気を付けていることは、

必ず中立の立場を守り、多角的に話を聞くこと、です。

特に男女間に関しては、どちらか一方だけが悪いなんて有り得ないと断言します。

どんなことに関してもです。

不倫、浮気、DVなどなど、、、

もちろん、やられた方が悪い、ということではありません。

やった方に問題がある、というのが前提です。

 

例えばよくある話ですが、

「妻(夫)と上手くいっていない。家族に嫌われている。離婚したい。」

などと相談?を持ちかけて、不倫関係に。

でもいくら経っても離婚する気配がない。。なんで!?と感情的になってしまい泥沼へ。。

 

いや、でもね、そりゃそうなんですよ。

不倫相手に、自分の家庭での落ち度なんて話すわけないじゃないですか。

よく奥さんと話し合いもしていないのに、勝手に拗ねて不倫する。精神的にとても未熟ですね。

男女間に関しては、二人で話し合えるように周りがサポートすることはできますが、解決はできません。

彼らにしか分からないことがたくさんあって、周りが裁くことなんてできないと私は考えています。

彼らがどうしたいのか、にかかっています。

(DVなどで命の危機にある時は、相手の精神状態がおかしいので、話し合う必要はありません。なりふり構わず逃げましょう。)

こうした相談やアドバイスを求めて話を聞いてもらいたい人の場合、相手から何かを求めている依存状態に陥りやすいと言えます。

なので、物事がどう転じても、あなたは自分を守れる立場にいないと危険です。

だから、中立の立場を守り、相手がどうしたいのか、に集中して話を聞いてあげるのが一番だと私は考えます。

巻き込まれて「大変~~!」と注目を浴びたいタイプの人でしたら別ですが。

 

人間関係、特に男女間に関しては、他者が踏み入るべき領域ではないです。

誰かが言っていた話を鵜呑みにせず、必ず本人から話を聞いて、中立の立場を守ること。

公正さを保ち、円滑な人間関係を築くためには、これがとても大切なことだと思います。

↓ランキングに参加しています↓クリックしてくださると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↑I am joining this ranking site. If you can click it to show your support, I would be very happy. Thank you as always!

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

-Philosophy / Religion, Education, My thought

Copyright© For the Seventh Generation , 2020 All Rights Reserved.