Philosophy / Religion My thought

ふと思ったこと~外食産業が必要なわけ

更新日:

もうすぐ2歳になる息子、毎日知恵がついてきていて、イヤイヤ愚図愚図するときがありますが、それでも面白くて可愛いです。

でも、やっぱりたまにはママだって息抜きも必要!

そんなとき、最近はずっと家でゆっくりしてたんです。あったかいお茶を入れて。

夫が息子を公園などに連れ出してくれた時を見計らって。

 

でもね、たまにはカフェにでも行きたいなぁと思いました。

「誰かが私のために入れてくれた」お茶が飲みたいな、と。

 

そして、外食産業がいつの時代も必要とされているのは、この理由だからだなと、ふと思いました。

みんな「誰か」のために働いてて、時には「自分じゃない誰か」からエネルギーチャージをする必要があるんですねぇ。

 

正直、今までそこまで他人を必要として生きてこなかった私。

何でも自分でやる。相談もしない。自分でまずは抱え込んでしまっていました。

でも最近は、嫌でも息子と徹底的に向き合っています。

つまり私のエネルギーを彼に注いでいるんです。

 

日常で疲れているママが多いのは、きっとこれなんじゃないかなぁ。

エネルギーは常に循環するもの。

でもたまに人肌恋しくなるときがあるのは、きっと外からのエネルギーを必要としているから。

ママがイライラするのは、ご主人はママときちんと向き合って話す時間が取れていないからなのでは、、、?

 

愛する人とハグする。

マッサージしてもらう。

 

そんなシンプルなことでいいんですよ。

それだけで、十分エネルギーがチャージされて、また明日頑張れる。

 

私にとって、夫がどれだけお金を稼いでくるかは重要ではありません。

それよりも、どれだけ家族で時間を過ごせるのか、の方が大切です。

生活していけて、眠る家があって、家族がいて。

これ以上必要なものはありません。

 

(心屋さんのように、毎月実働5日で好きなことやって、好きな人たちと過ごすっていうのは、今の夫にはない考え方ですから、それはまた別の機会に。)

 

今の日本では、まだまだ男尊女卑ですし、女性に育児や教育をまかせっきりです。そういえば、女子高生が母親を殺害してしまった事件が最近ありましたね。尾木ママブログで触れられていて、そこのコメントで、女子高生への同情が綴られていたのが印象的でした。

 

話がずれてしまいましたが、、

 

つまり、核家族化している今、他者との関わりを増やすことも大事ですし、ママがホッと息をつける場所があることも大事ですが、何より愛する人との時間、肌と肌とのふれあいが、何よりの癒しになるということを、世間の旦那様には知っていていただきたいです。

 

ありとあらゆる動物はエネルギーを交換して生きています。

それは食を通じてなり、社会生活を通じてなり。

 

色んな事が便利な世の中ですが、

愛する人との触れ合い に勝るエネルギー交換はありません。

 

明日からあなたの大切な愛する人をハグしていきませんか?

 

 

 

 

↓ランキングに参加しています↓クリックしてくださると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↑I am joining this ranking site. If you can click it to show your support, I would be very happy. Thank you as always!

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

-Philosophy / Religion, My thought

Copyright© For the Seventh Generation , 2020 All Rights Reserved.