Japanese Stay-home Mom is Writing about Minimalist, Ecological Life Style, Naturalist, Montessori Education etc

7世代先へ繋ぐ

健康

虫歯予防法~子供から大人までできる、最強のやり方はこれ!

更新日:

私はすごく虫歯になりやすい人です。

 

母は食事に気をつけてくれていましたが、手作りおやつに上白糖をたっぷり使っていたのが本当に良くなかったんでしょうね。。。

 

すぐに虫歯になっていました。

 

(ちなみに、同じものを食べていても、妹は虫歯になったことがほとんどありません。便秘なんて皆無、体温高めでいつも温かく、風邪やインフルエンザにかかったとしてもすぐに治る、ほぼ病気にならない妹。不思議ですね~)

 

今では、そういったものをほとんど口にしないので問題ないのですが、多少甘いものを口にすることが増えると、途端に歯茎から出血したりするので、すごく分かりやすいです。

 

私は一本だけ、セレックで埋めている奥歯があります。

 

もう、その治療が痛かったのなんのって、、、、、

 

麻酔もしてくれましたが、あんなに痛いんですね、、、

 

神経までは到達してなかったようなのですが、もう本当に痛くて痛くて、良い大人なのに思わず声が出ちゃうほど痛くて、、、

 

そこから私は本気で、心の底から「絶対に、もう絶対に一生虫歯にはならないぞ!!!!」と決意し、毎日本気で対策しています。

 

その日から何年も経ちますが、虫歯になったことは一度もありません。

 

少し表面が黒くなってて怪しい歯が一本だけありましたが、食事療法と歯磨き対策で治しました。

 

その方法とは、とても簡単!守るべきことは、大きく分けてたったの3つだけです。

1.電動歯ブラシを使って、徹底的に磨く

2.フロスを使う

3.血が出る時は食事に気を付ける

 

まず、電動歯ブラシで、夜に一度でいいので、歯の表面と裏がツルツルピカピカになるまで磨くこと。

ポイントは、歯磨き粉は最初はつけずにやってください。誤魔化しが効かないように。どうしても歯磨き粉を使いたい場合は、歯磨き粉なしでツルツルピカピカになるまで磨いてから、少しだけつけて仕上げ磨きにしてください。

 

新しいモデルが出ていますが、私が使っているのはこれです。

 

この時、歯医者さんのクリーニングに行った直後のように、ツルツルになるまで隅々まで徹底的に磨きます。

 

そして、フロスで、しっかり歯の隙間の汚れを落としきること。

 

 

このようにワックスコーティングされていないものが、しっかりと汚れを絡めて取ってくれるのでおススメですよ。歯医者さん直伝です。徹底的にツルツルになるまで磨いたあとでも、食べかすが出てくるので衝撃ですよ。。

 

さらに、フロスをした時に、歯茎から出血したり臭いがする時は、歯茎が弱っているときなので、歯磨きとフロスに加えて、食事を見直します。

 

具体的には、

 

  • 一切の市販のお菓子、ジュースを断つこと(精製砂糖類を避けること)
  • ボーンブロスを飲むこと、
  • 肉魚卵などのタンパク質と野菜をしっかり食べること
  • 糖質であるご飯やパンを夜は減らすこと

 

これだけでも、虫歯や歯周病をはじめとするお口のトラブルを未然に防ぐことができます。

 

私は基本的に夜一度しか歯磨きしません。

 

朝起きたあとは、オイルプリングをするか、口をすすいでおしまい。

 

でも、この電動歯ブラシ様で、夜に一度、魂を込めた本気の歯磨きをしています。

 

その日食べたものによっては、なかなか綺麗にならず、10分ほどしていることも。。

 

それくらい、食べたもので歯の汚れって左右されるんですね。

 

虫歯や歯周病に悩まされている方、ぜひやってみてください!

 

 

 

↓ランキングに参加しています↓クリックしてくださると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↑I am joining this ranking site. If you can click it to show your support, I would be very happy. Thank you as always!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail

-健康

Copyright© 7世代先へ繋ぐ , 2019 All Rights Reserved.