<おうちモンテッソーリ> 4歳児、折り紙が大ブーム!指先と総合的な力を鍛えよう

一人目4歳児を見ていると、折り紙などで何かを作る、ということに興味がありそうだなと思っていた2ヵ月ほど前に、こちらの本を購入してから、折り紙ブームに見事に火がつきました。毎日何かしら折ろう!と持ってきます。

日本の本の素晴らしいところは、きちんと絵で分かりやすく説明されており、小さな子どもでも分かるというところ。そして間違えたら、それを自分で直すことができること。

折り紙が敏感期にくる頃の年齢ですと、ある程度の数字も分かるようになってくる頃かと思うので、手順に数字がきっちり振ってあるのも大事ですね。

次はどうしたらいいのか、が文字でなく、写真や絵で示されているのは、モンテッソーリ教育の視点から見ても、とてもいいなと思います。

また、モンテッソーリ教育で使われる教具の一つ、構成三角形にも通じるものがある、図形の認識力を鍛えることにもなります。そしてもちろん立体図形も。

折り紙で大切なのは、きっちりと点と点、線と線を結ぶこと。

(まさに構成三角形!我が家は手作りしました。記事はこちら)

しっかり折り目をつけるためには、指の力と集中力が必要なので、本人ができるように待ってあげること。

折り紙って総合的な力が必要なので、本当に侮れない手仕事だと痛感しました。
それに親も面白いし楽しい!

今のところ、最初の段階で出てくる、三角形や長方形に綺麗に折る、というところを集中してやってもらっています。

一生懸命に集中している姿は本当に愛おしいです。

我が家では、惜しみなく工作や手作業に打ち込んで欲しいと思っているので、コストコなどで大量購入し、使用する分だけを特定の箱に入れて管理しています。

アマゾンさんだとお家に直接届くので楽ですね!

トーヨー折り紙 300枚入り

酷暑の今年は特に、涼しいお家で折り紙はいかがですか?

↓ランキングに参加しています↓クリックしてくださると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↑I am joining this ranking site. If you can click it to show your support, I would be very happy. Thank you as always!

Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmail