習い事 育児

習い事の練習を強制させない勇気

投稿日:

息子のバイオリンの練習ですが、毎日やる、ということが最近難しくなってきています。。。。

正直母としては、かなりフラストレーションが溜まります。

でも、これって、息子からしたら勝手なことなんですよね。

「私が」息子が練習しないから、レッスンで言われた通りに出来ないことに勝手にイラついていたり

「私が」息子が練習しないことで先生に何か言われるのでは、という恐れを持っているだけで。

 

最近どうしたものか、と考えていました。

発表会が9月に近づいているので、焦りもあります。

 

でも、怒ったり、泣きながら練習させても、全く良いことはない、という結論に再び至りました。

バイオリンを見るたびに、負の感情を抱かせることになり、せっかく「バイオリンをやりたい!」というキラキラと輝く目をくすませることになる。

それは私の目的ではないですから。

 

息子が世界を広げてくれること、音楽という表現の自由を手に入れること、精神的な充足を得ること。

 

だから今日からは、息子を信じて、声かけや遊びの一貫で出来ることはやりつつ、彼の成長を見守ることにします。

金子三勇士さんというピアニストの方が仰っていたことが、よく頭によみがえります。

「子どもがピアノの練習をしないのですが、どうしたらいいのですか?という質問はあまり聞きたくないですね。とにかく楽しくないと!」

彼は「音楽って楽しい!」という純粋な気持ちから、ピアノを遊びの一貫として始めた方です。

個人的には、とても理想的だと思います。息子にもそうあってほしい。

 

毎日練習させないと!!という強迫観念に、気づいたら駈られていました。自分もそれで嫌な思いをしたのに。。

同じ過ちを犯さないよう、今日からは楽しく!音楽を一生続けていってほしい!という思いを息子に伝えていけたら、と思います。

↓ランキングに参加しています↓クリックしてくださると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↑I am joining this ranking site. If you can click it to show your support, I would be very happy. Thank you as always!

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

-習い事, 育児

Copyright© 7世代先へ繋ぐ , 2019 All Rights Reserved.