育児 食事 

生野菜を食べる!2歳9ヶ月~アレルギーを避けるために離乳食にあげるべきもの

更新日:

ここ1ヶ月ほど前から、急に生野菜のサラダを食べるようになりました。
それまでは、食べたい!と言うのであげるのですが、結局苦くてベーッと吐き出してしまっていました。

でも本当に突然、ムシャムシャ食べるようになったのです。
体がフィトケミカルを必要としているのでしょうか。

本来、生野菜は消化に良くないので、あまり子どもは食べたがらないはずです。
だから離乳食でも、必ず火を通したものをあげますよね。

3歳近くになって、ようやく胃腸が生野菜を消化できるようになってきたのかもしれません。

幸い息子は今のところ、アレルギーは一切ありません。
でもほぼ同い年の子はアレルギーばかり。。。

私も夫もアレルギーがあるので、遺伝ではないのでしょう。
(そもそもアレルギーは遺伝しないそうです。)

やはり離乳食に何を食べさせたか、が重要だと感じます。

まず、息子にあげたのは、8ヶ月頃から発酵タラ肝油やレバーペースト(オーガニックのもの)、コラーゲンたっぷりの骨出しスープなどでした。

乳児は腸壁が整っていないので、野菜や穀類の消化しにくい分子の大きなものも通してしまい、これを最初に与えてしまうことで、腸壁を傷つけ、将来アレルギーになりやすい、と言われています。

いくら完母でも、です。

神田うのさんが、西原式で、完母で1歳頃まで育ててらして、離乳食を遅らせていましたが、最初にあげていたものが、お粥の重湯でした。今では卵アレルギーが少しあるようです。
離乳食を早くに始めすぎないのも大事ですが、何を最初に与えるのか、がすごく大切なのでは?と思います。

周りのお子さんを見ていての直感でもありますが、アレルギーを避けるためにも、母乳に近い、脂肪分たっぷりの安全なものを離乳食にはオススメします。


↓ランキングに参加しています↓クリックしてくださると嬉しいです。


人気ブログランキングへ

↑I am joining this ranking site. If you can click it to show your support, I would be very happy. Thank you as always!

Facebooktwitterredditpinterestlinkedinmail

-育児, 食事 

Copyright© 7世代先へ繋ぐ , 2020 All Rights Reserved.